出会いアプリ紹介

Neutro(ニュートロ)はLGBTの性向を持つ人に対する出会い系アプリである

Neutro(ニュートロ)

LGBTというのはレズビアンやゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーのそれぞれの頭文字から取ったもので、今までの性別の考え方からはじかれたセクシャルマイノリティの総称です。こういう人たちであっても出会いを果たしたいという風には思っていますが、なかなかそれが難しいという側面があります。そこで、LGBTの方々の出会いを果たすためのアプリとしてNeutro(ニュートロ)というアプリがありますので、今回はその特徴的なところについて説明していきます。

LGBTの出会いを促進してくれる

普通の恋愛をするということであれば、それなりに相手を見つけることができるでしょうし、多くいる相手の中から選ぶことだって容易にできるのではないでしょうか。普通の恋愛をすることに関して全く抵抗がない人にとってはLGBTの性向を持つ人のことを全然理解ができないのも無理がないです。

しかし、LGBTの性向を持つ人にとってはなかなか相手に理解されないという悩みを持っていることは事実です。そういう恋愛の性向を持っているだけでも思わず引いてしまうということが十分に起こり得ることではないでしょうか。ちょっとでも引いてしまうということに対して悩んだりすることもあるくらいです。もしかすると自分は生まれてこなければよかったとまで思い詰める可能性だってあり得ることです。

そこで、LGBTの性向を持つ人同士で集まることができたらお互いの悩みが分かり合えるのではないでしょうか。そういう趣旨で作られたアプリがNeutro(ニュートロ)というアプリなのです。LGBTの方々の出会いを促進するために生まれたアプリですので、そういう人しか集まってこないのは当たり前のことです。お互いのことがよくわかりますので、より結び付きやすいという側面があります。

LGBTの人たちからすると、そういう性向を持っていることをできる限りばれたくないと思っています。そのため、こういうアプリに登録していることすら内緒にしている人がほとんどではないでしょうか。登録する時にSNSと連携をする必要がありませんので、知っている人からそういう性向だとばれる心配はありません。ばれにくいのであれば自分の正直な気持ちに基づいて活動していけばいいのではないでしょうか。

身分証明書による本人確認でサクラや業者を防いでいる

Neutro(ニュートロ)には身分証明書による本人確認を要しますので、きちんとした人でないとまず登録することができないと言ってもいいです。LGBTの人たちを中立的な立場で応援しているという立場を取っているにも関わらず、自分たちの信用を無くすようなサクラや業者からの勧誘はあってはいけないとも言えるでしょう。だからこそ、うまい具合にサクラや業者を防いでいたりします。

少ない口コミの中でもサクラや業者の存在について書いてあるようなものはなかったことから、サクラや業者はいないと言ってもいいのではないでしょうか。出会い系サイトにはサクラや業者がつきものではありますが、Neutro(ニュートロ)に関して言えばそれは無いと言ってもいいくらいです。

Neutro(ニュートロ)の良い口コミと悪い口コミを紹介

Neutro(ニュートロ)の良い口コミに関して5件紹介していきます。

・私はレズビアンなのですが、どうしても男性に告白されてしまいます。男性のことは全く興味がありませんので絶対に断ることにはなりますが、男性が寄ってくるのでどうしても困ってしまいます。そういう時にニュートロと呼ばれるアプリに出会って、私と同じような悩みで困っている同じレズビアンの人を見つけて会話すると大抵のことは同意してしまいます。私と同じ性向の人をこのアプリで見つけることができたというのは何よりもうれしかったです。

・私が知っている人の中でゲイと呼ばれるような人はいませんでした。今までそういう性向がばれた時にはとてもバカにされて不登校になったくらいです。家族とも全然かみ合わなかったので学生時代は孤立していたと言ってもいいでしょう。今まで孤立していたのに好転してきたのはニュートロと呼ばれるアプリと出会った時からです。このアプリには同じようなゲイの男性がいますので、そういう人たちと話すことにより癒されてきます。

・LGBTというのをカミングアウトするのはとても勇気が要ることではないでしょうか。今までもカミングアウトしようかなと思ったことがありますが、そういう勇気は無くいつもつらいことばかりです。私のことを普通の性向だと思っているわけですが、本当は全然違うんだよということを言いたくなるくらいです。そういう時にこのニュートロというLGBTアプリに出会って本当によかったです。今まで嘘ばかりついていたのが本心で生活できそうでよかったです。

・LGBTであることをばれてしまうのはとてもいやです。しかし、普通の人とは恋愛の性向がどうしても違うことが分かるので、男性の人とはどうしても付き合えないですし全く興味がありません。そういう時にレズだということをカミングアウトして、好きな女性に告白したいという気持ちはありますが、相手女性にドン引きされる可能性があります。そういう時に入トロというアプリに登録して、悩みを告げたら同じレズの人から返事が返ってきて嬉しかったです。

・私はレズでもゲイでもなくバイセクシャルというジャンルのLGBTですが、普通の恋愛についてもできますので何とかばれずに済んでいます。女性が好きなのは言うまでもないですが、男性についても興味があったりしますので、そこのところが困ったところです。最初は普通の出会い系サイトに登録していましたが冷やかされたりしましたのですぐに使うのを止めました。今度はニュートロを使いましたが、冷やかされずに済んでそれなりに使えます。

Neutro(ニュートロ)の悪い口コミに関して2件紹介していきます。

・これは念願のLGBTのための出会い系サイトかと思いましたが、実は有料にて使う用途のものだったということに気づきました。登録の際は無料で使えたりしますが、実際にマッチングをしてメッセージを送るということになるとそれなりにお金を要することに気づきましたので残念だなという風に思いました。できる事なら無料で使いたかったですが、優良でないと充足しないんだなということが分かったガッカリしました。こればかりは自分が確認しないのが悪いですけどね。

・やっとニュートロと呼ばれるLGBTのためのアプリが出てきてよかったなと思いましたが、自分の近くの性向に合う人は少なかったので、やっぱりまだまだなんだなという感じです。正直言うともう少し登録者数が増えてくれないと困るなという風に感じました。もう少し自分の住む地域にもLGBTの人がいればいいなという感じがします。まだまだLGBTに関する理解が足りないとも思いますので、日本でももっと送信できればこういうアプリに登録する人が増えるかなと期待しています。

LGBTにしかわからない悩みを打ち明けることができる

LGBTの恋愛に関してはまだまだ日本ではカミングアウトをすることができないとも言ってもいいくらいです。カミングアウトすると社会的に制裁を食らう可能性すらあるほどです。カミングアウトできないけどそういう自分の悩みは知ってほしいと思っている人もいるでしょう。

そういう時にNeutro(ニュートロ)というアプリがいい存在になるのではないでしょうか。このアプリはLGBTの人が登録する出会い系サイトですので、いろいろと悩みを抱えていたりします。その悩みについて打ち明けて少しでも解決に向かうことができるのではないでしょうか。悩みを打ち明けてストレスが解消されるだけでもまだいいかもしれません。

登録者数がまだ少ない

Neutro(ニュートロ)は2018年2月にiPhoneバーション、4月にAndroidバージョンがリリースされましたので、これからLGBTの人たちを取り込むことになるのではないでしょうか。正直言うとまだユーザー数はさほど多くないということが想像できます。日本でももう少しLGBTの人たちについて脚光を浴びる機会が増えればもっと注目される可能性はあります。

会員数や男女比率、年齢層などは全く公開されていませんので、実際にどういう人たちが登録しているのかというのは未知のままではあります。しかし、LGBTの人であっても恋愛がしたいでしょうし、出会いを果たしたいという風に思っていますので、これからもっと広告を増やすなどして登録者数が増えてくればいいのではないでしょうか。

自分のプロフィールを分かりやすくすることが大切

Neutro(ニュートロ)でマッチングをするためにはまずプロフィールの登録をしてください。プロフィールには趣味を選ぶことができたり、LGBTのジャンルや好きな性別などを明記したりできますので、自分の性向については特にきちんとしておくことが重要になってきます。プロフィールをきっちりしておかないと選ぶにも選ぶことができませんので、自分の性向については特に気を遣ってください。

自分の性向に気を付けながら相手を選んでいきます。相手を選ぶ際には自分にあった人をセレクトすることが重要で、そのために検索条件を細かく設定してみてください。何らかのメッセージを送る貸相手が見つかったのであれば、「いいね!」をつけてください。送られた「いいね!」に対してこちらも「いいね!」を返して両想いになって初めてマッチングが成立します。

マッチングが成立したらメッセージを送ることができます。メッセージを送るためには有料で会員になる必要が出てきますので、あらかじめ有料で使えるようにしておくといいのではないでしょうか。

趣味によって相手を探すことができる

Neutro(ニュートロ)では趣味をきっかけにして価値観が近い人を探すことができたりします。LGBTアプリでは珍しいと言えますので、趣味をきっかけにした出会いを求めることができます。同じような趣味を持っていることをきっかけにしてマッチングを果たすことができますし、メッセージを送ったとしても盛り上がること必至です。

自分が恋愛を求めるために性別だけでは難しく、同じような趣味を持っている人と盛り上がったほうが楽しいでしょう。同じような趣味を求めることによって恋愛に発展することができるでしょうし、さらに自分の生活を充実させることができたりします。

LGBTとはいってもゲイやレズビアン、トランスジェンダー、バイセクシャルなどさまざまな人がいます。その中には同じ性別であっても心と体が違っていたりもしますので、さまざまだと言えるでしょうから、同じ共通点をキーにして好みの人を見つけるのが一番きっかけになりやすいです。

LGBTの出会いを果たしたい人に向いている

LGBTの人たちというのは日常生活を送りづらいと言えるでしょう。普通の人から見ると異常な人だという風に見えるのでしょう。なかなかLGBTであることを打ち明けることは難しいと言えますので、そういう性向があることを隠しながら生きていたりします。

LGBTの人たちも生き生きと生きるのであれば、Neutro(ニュートロ)のアプリを使いながら同じようなLGBTの人と交流を持った方がストレスなく生きることができるでしょう。同じような悩みを抱えていたりしますので、自分の悩みについても分かってもらうことが可能です。LGBTの出会いを果たしたいという人はぜひともこのアプリを使って見るといいのではないでしょうか。

LGBTに興味がない人はおすすめできない

Neutro(ニュートロ)についておすすめできない人は何といってもLGBTの性向を持たない人ではないでしょうか。つまり、普通の恋愛ができる人にとってはこのアプリに登録する意味が全くありません。無料ではなく基本的に有料にて使うアプリでありますので、なおさらお金を払ってまでもこのアプリを登録しなくても済むわけです。

LGBTの性向が無い人にとってはそういう人というのは奇妙に見えるでしょうから、わざわざ登録しなくても普通の出会い系アプリを使えば十分に恋愛をすることができます。普通の出会い系アプリでいいのに、わざわざLGBTのための出会い系アプリであるNeutro(ニュートロ)に登録する意味は無いでしょう。

関連記事