出会いアプリ紹介

Tinder(ティンダー)ならナンパサポートツールとして最適なマッチングアプリ

Tinder(ティンダー)

出会いアプリはさまざまにありますが、グローバルに展開しており、世界中に多くのユーザーを抱えているアプリとなれば限られてきます。その数少ないアプリの一つがTinder(ティンダー)です。Tinder(ティンダー)はAndroidとiPhoneの両方でリリースされている全世界で1億人ものユーザーを抱えているマッチングアプリになります。ここではTinder(ティンダー)について詳しく紹介していきましょう。

Tinder(ティンダー)の特徴は?

Tinder(ティンダー)はハイウッドセレブやソチオリンピックの際に選手村で非常に頻繁に利用されたと話題になったほどの有名マッチングアプリです。

登録者の中には、お騒がせ女優としてゴシップ誌の常連になっているリンゼーローハンやイギリスの有名歌手であるリリー・アレンなども存在しており、世界中の有名人が利用しているマッチングアプリとして有名です。

基本的にはFacebookアカウントを保有していないと登録することができず、Facebookのプロフィールを反映させて性別な年齢などの必要事項を入力するだけです。

GPSの位置情報を使って近くに存在している同じTinder(ティンダー)ユーザーの表示を行ってくれます。気に入ったユーザーに対して「Yes」をスワイプしてあげるだけという簡単な使い方になります。

YESを送ったユーザーがこちらのことも気に入ってくれれば、そこで初めて通知が来るといったシステムになっているマッチングアプリです。相手が自分を気に入らなかった場合でも、拒否したことを相手に通知するような機能がないため、気まずさを感じさせることなく気軽に利用できることも人気の秘密です。

マッチングが成立すればメッセージを送ることができるようになります。近場のTinder(ティンダー)ユーザーが移動をすれば、GPSでの位置情報が更新され、どんどんと近くの候補者を探し出してくれるのもTinder(ティンダー)のメリット。

このことからプロフィールなどをじっくりとは見ず、ゲーム感覚でYESをスワイプしているようなユーザーも存在しています。こういったことでアクティブに外にでることが楽しくなったという方もいらっしゃいます。

あまりにハマりすぎて中毒状態になっているユーザーもいるという報道もありますから、節度を持って利用することをおすすめします。

Tinder(ティンダー)のユーザー数や男女の割合は?

Tinder(ティンダー)のユーザー数ですが冒頭にもあるとおり、全世界190カ国でサービスを展開しています。公式サイトの発表によれば、1日に16億回のスワイプが行われており、うち2600万回のマッチングが成立しています。

実際に週間で150万組のカップルが成立しデートを行っているというデータを公表しているのです。推定ですがアクティブユーザー数は5,000万人以上、男女比は男性62パーセント、女性が38パーセントになります。

驚きなのは「総会員数」ではなく「アクティブ会員数」が5,000万人もいるというのが驚きですね。これだけのユーザーと出会える可能性があるというのは、新しい出会いを探している方にとっては使わない手はないといえるでしょう。

ユーザーのステータス状況ですが、独身者が54パーセント、既婚者は30パーセント、独身だが恋人がいるという方が12パーセント。配偶者との死別や離婚でシングルという方が3パーセントといった割合になります。

中心年齢層ですが、25歳から34歳の割合が最も多く45パーセント。ついで16歳から24歳が38パーセント、35歳から45歳が13パーセント、45歳から54歳が3パーセント、55歳以上が1パーセントになっています。

居住地の割合ですが、主要都会エリアの居住が76パーセントとなっており、郊外は17パーセント、田舎が7パーセントとなっています。しかしこれはあくまでも世界中のユーザーを参考にしたデータになります。

残念ながら日本国内でのユーザー数などは公表されてはいないものの、世界中のユーザーと割合はほぼ同じだと考えても問題ないでしょう。

ユーザー数は日本国内だけで少なく見積もっても50万人前後、多ければ300万人のユーザーが利用しているとされており、東京都内だけでも女性ユーザーが15万人存在しているとされています。

真剣な恋愛というよりも軽いノリ&遊び感覚で使うのに向いている

近年では恋活や婚活アプリが多くリリースされていますが、正直そういった固いノリは苦手といった男女も多くいらっしゃいます。気軽に遊べてノリが良ければカラダの関係も持ってしまう。

お互いを拘束したり束縛するような関係は異性には望んでいないという方にはTinder(ティンダー)はベターなマッチングアプリといえるでしょう。

ナンパなどに抵抗がなくコミュニケーションがある程度にできること。またルックスレベルが普通以上の方であれば、十分に使えるマッチングアプリといえるでしょう。

他にも写真アプリでの加工スキルや自撮りのテクニックなどが高い場合には、こちらのYESに反応をしてくれる異性も増える可能性も高くゲーム感覚でTinder(ティンダー)を利用することが可能といえます。

また男性ユーザーでも無料で利用することができるという点も見逃せないメリットといえるでしょう。ただし、Tinderプラスという有料サービスも提供しており、以下のような機能が追加できます。

まずは位置の変更をすることによって、世界中の利用者とマッチングすることができるという機能。また一度紹介された相手をもう一度戻って再検討することができるという機能。

アプリ内で邪魔な広告を非表示にすることができるということ。最後にSUPER LIKEの回数を増やすことができるという機能になります。無料で利用できるサービスを利用してもなかなか成果が上がらないという方は、有料のものにアップグレードするのも一つの方法といえるでしょう。

またTinder(ティンダー)ゴールドといった有料サービスも展開しており、誰が自分にLIKEを送ってくれたかを知ることができます。これは月額制で1ヶ月プランなら1,700円のコストが掛かります。

他にも6ヶ月プランでは月額983円となり、12ヶ月プランでは月額755円で利用することができます。

Tinder(ティンダー)の上手な使い方は?

Tinder(ティンダー)は好みの異性と出会い、しかも簡単にベッドインまで持っていくことができるのでしょうか。結論からいえば、ルックスレベルなどがハイレベル異性と出会うことは可能です。

20人中1人といった割合でこれを多いか少ないと感じるかはそれぞれですが、異性に困っていないだろうというレベルの異性もTinder(ティンダー)を利用しているのです。

ただしスワイプ回数はある程度に多く送る必要がありますし、マッチング数も相当数ヒットさせる必要があります。その中からメッセージで上手にコミュニケーションを取ることができれば、ベッドインまで持っていける可能性が高いといえるでしょう。

まさに一度のスワイプで一喜一憂しているようでは、Tinder(ティンダー)を上手に使って成果をあげることは難しいでしょう。マッチしなかったとしても、ゲームのりスタートのようにスワイプを続けるといったことがコツになります。

マッチする確率は0.6パーセント程度ということが言われていますから、いちいちマッチしないことで悲しんでいるのは時間の無駄になるのです。

もしもゆっくりとじっくりアプローチをかけて恋人探しをしたいというのであれば、恋活アプリを利用することをおすすめします。Tinder(ティンダー)は本当にゲーム感覚でナンパをするといった遊び人的な使い方をするのに適したツールです。

そもそもGPSで近場にいる異性が表示され、その異性に対してアプローチをするといったシステムになりますから、普通に考えるとそこら辺のストリートナンパと代わりません。

むしろTinder(ティンダー)を使い出会いをある程度に求めている女性が近くにいますといったナンパのサポートツールのようなものになります。

つまりTinder(ティンダー)はスワイプの数を打つことが大事であり、そのうえでマッチングした相手にメッセージを送りまくることが重要です。更に出会ってからのコミュニケーションスキルも大事にしたいですが、ここまでくれば相手も誘いに乗ってきてくれる可能性が高いといえるでしょう。

ポイントになるのは、半径2kmといった近場の異性からアプローチをしていくということ。いきなり10kmなどの広範囲にしてしまうと、都会エリアであればあるほどに多くのユーザーがヒットしてしまい、てんてこまいになってしまいます。

すぐ近くでユーザーを探すことができるのは魅力的ではあるものの、距離と年齢以外の検索条件を設定することができません。これをメリットと取るのかデメリットと取るのかはそれぞれの方次第です。

ちなみに他アプリでGPS機能があるものの中には、検索条件として体型や年収、血液型や喫煙の有無などの細かな検索条件などまで設定できるものもあります。

ただし都会エリアであれば問題ないのですが、ユーザー数が少ない郊外や田舎エリアではヒット数が極端に少なくなり、出会いツールとしては使えず、結局検索条件を緩いものに変える必要があるというようなものも珍しくありません。

共通の友人が表示されるというデメリット

近場の異性をナンパできるツールとして活用価値の高いTinder(ティンダー)ですが、一つ問題があります。それはFacebookと連動しており、FacebookのユーザーにTinder(ティンダー)を使っていることがバレる恐れがあるという点です。

Tinder(ティンダー)は触れているようにナンパ色が強いアプリになります。Facebook認証をしても直接つながっている友人には表示されることはありませんが、共通の友人という機能がTinder(ティンダー)には存在しています。

このため自分のプロフィールを見た相手がFacebookで直接繋がっている自分の知人や友人に対して、Tinder(ティンダー)を使っていることを報告してしまう恐れがあるのです。

マッチングアプリを利用しているということをバレても対して問題はないし、そういったキャラは皆周知の事実というのであれば、何も恐れることはないでしょう。

しかし周囲に異性との出会いを求めていることを知られたくないと考えている方や既婚者ステータスで周囲に利用を隠したいといった方。独身でもパートナーがいるような方などは利用がバレる可能性があるということは前提として覚えておきましょう。

Tinder(ティンダー)の口コミや評判は?

Tinder(ティンダー)を実際に利用された方の口コミや評判にはどのようなものがあるのでしょうか。

・近場の女の子と沢山知り合うことができるので毎日が楽しいです。たくさんの人と出会いたい人にはおすすめですね。

・使い方は基本的には右スワイプと左スワイプだけなので便利ですね。ゲーム感覚でナンパしてる感じなので、傷つくこともなくナンパツールとして繁華街で使えます。

・いろんな国の人と繋がれるから最高にいいです。可愛いルックスの女の子やユニークな写真を掲載している人も多くて見ているだけでも暇つぶしになります。

・自分の画像が悪いのかマッチングしない。写真を工夫しないとダメなんだろうか。

・使っている最中にバグってしまうことが多い。早く改善して欲しい。

・田舎に住んでいるせいかそもそも使っている異性のユーザーが少ないという実感がある。

ほとんどの口コミがポジティブなものが多かったですね。Tinder(ティンダー)を悪く評価しているのは、他のマッチングアプリをプッシュしているような比較サイトなどが多く見られました。

ただしエリアによってはユーザー数が少ないため、地方エリアの中でも人が集まるような大型商業施設などがなかったりといった方には厳しいかもしれません。

しかし都内や主要都市などで利用する場合には、数多くの異性ユーザーと出会える可能性が高いことのほかにも、日本人ばかりではなく外国人とも知り合える可能性が高いといえます。

ナンパサポートツールとしての利用価値は高い

数多くあるマッチングアプリの中でも、使い勝手が良く無料で基本的なアクションを行うことができるという点でもTinder(ティンダー)はおすすめのアプリといえるでしょう。

特に繁華街などでナンパのサポートツールとしての使い勝手は非常に良く、マッチングの可能性も高いといえるでしょう。メッセージを送りコミュニケーションが上手に取れれば、一気にベッドインなんてパターンに持っていけるのも少なくありません。

またなかなか上手くいかない場合でも、ゴールド会員への有料サポートを受けることもでき、ローコストで利用することができるのも高いメリットといえるでしょう。

関連記事